たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2003年2月10日月曜日

bloodthirsty butchers@心斎橋クラブクアトロ

心斎橋クラブクアトロへ。
開場時間よりかなり早めに着くと、リハーサルの音が漏れている。『影を慕いて』が。『サンカク』が。これは気分が上がる。もうライブ本番がスタートしたかのようなテンションになる。
この日、元ナンバーガールの田渕ひさ子がブッチャーズのライブに参加。
かつて『ハラキリ・ココロノ・ツアー』で対バンしたバンドに、ひさ子さんが。これは話題騒然だった。一日限りであっても、その姿は確認せねばなるまい。ナンバーガール解散後、ひさ子さんを観るのは初めてだった。

会場にはやはりナンバーガールのライブでお馴染みだった顔ぶれが。何ヶ月ぶりかの再会ばかりだった。皆さん、田渕ひさ子の今後をずっと心待ちにしている様子だった。それがまさかブッチャーズだなんて。そのまま加入しちゃってくださいよ!

かなり時間が押し、開演になる。bloodthirsty butchersの三人と田渕ひさ子が登場する。
全員、黒っぽい服。吉村秀樹は渋めのシャツ。射守矢雄はおしゃれな帽子を被っていており、小松正宏は位置の関係がなかなか見えず。
ステージ中央に田渕ひさ子。これは客演でも何でもなく、もはや1メンバーとして迎え入れられているようだ。

1曲目は『荒野ニオケルbloodthirsty butchers』の1曲目『方位』
CD(というかCCCD)ではトリプルボイスだったが、ライブではやはり一人ボイス。がむしゃらに歌う吉村秀樹の隣で、田渕ひさ子がギターを弾いている。なんだろう、この奇跡。誰が田渕ひさ子がこのバンドに参加するなんて想像しただろう。とにかくジャズマスターのギターの音がとても気持ちがいい。歯切れよく鳴っている。
『襟が揺れてる。』の歌詞はほとんど覚えている。「恐れをなすか」以後の歌詞がたまらない。感動していた。『サラバ世界君主』『悲しみをぶっとばせ!』を披露。久しぶりに観る田渕ひさ子のギターの音には色気さえ感じられた。吉村との鈍く轟く巨漢のようなギターとはまた違い、繊細でキュンとさせられるのに、どこか男気溢れる田渕ギターはこのバンドに映えていると思った。でもどこか、二つのギターが対決しているようにも思った。

『402』の音が洪水のように激しくなだれこむ展開に痺れる。お客さんは大人しいが、モッシュ&ダイブがふさわしい曲だ。
『プールサイド』はなぜか懐かしい。楽しい思い出が頭の中でぱらついて降ってくる。青い照明が吉村のキラキラとしたギターの音色と相俟って、水そのものだった。「水しぶき眩しくて」と熱唱する吉村のボーカルが、4つの楽器の音に掻き消されていく。まるで思い出の中に埋もれていくようで、センチメンタルな演奏だった。

『ゴブリン』、そしてリハーサルでも音漏れで聴いた『サンカク』。射守矢のベースラインが気持ちいい。突き刺してくる。息をつぐヒマもないほど叩かれる小松のドラム。『サンカク』は短いバージョンだったが、ずっと鳴らしておいてほしい演奏だった。『アカシア』の「結局は笑いたい」という歌詞にグッとくる。

MCははほとんど無いに等しかった。田渕ひさ子の前に置かれたマイクスタンド。コーラスがあったけど、他の音が大きすぎるせいか、声がかき消されていた。でも、考えてみよう。田渕ひさ子コーラスだなんて、嬉しすぎる。こんな姿が見れるとは。
「Tシャツは憲太郎がつくってくれました。どこにいる?ありがとう」
吉村が挨拶する。中尾憲太郎が来ているとは。思わずキョロキョロしてしまった。最後の曲は『地獄のロッカー』

アンコール。全員が着替えていた。
『DISCORD MAN』『時は終わる』で締める4人。うわー、ブッチャーズが4人とは。しかも田渕ひさ子がいるとは。
サンカクのbloodthirsty butchersがシカクになる瞬間がたくさんあった。スリーピースの良さは当然あったけど、真ん中に立ったひさ子さんが時折ギターを縦に掲げるのは、やはり、とても絵になる光景だ。
爆音に耳がやられ、しばらくは難聴の状態。誰かに何かを言われても、あまり何を言ったかよく分からない。ブッチャーズによって耳が支配されるのは決して悪いことではない。それもサンカクで三つ尖っていたものが、シカクで四つ尖ってるんだから、仕方ないのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿