たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2009年8月7日金曜日

神聖かまってちゃん@SUMMER SONIC'09

神聖かまってちゃん、まさかのサマーソニック出演決定。

サマーソニックの一般公募枠『出れんの?!サマソニ?!』で応募バンド2106組のうち、16組に選ばれた神聖かまってちゃん。普段のライブの集客数を「平均7・8人」とバカ正直に書いてしまっている上に、「ガールズバンド」と間違えて掲載してしまったのにも関わらず、ガールが一人しかいないバンドがサマーソニックに出演することになった。

当日、撮影を頼まれたので千葉県の幕張へ。「ニコ生での撮影になるかも」との子さんから聞いていたけど、念のため私物のビデオカメラを持参。ウェブカメラはズーム機能がないので、ずっと先にも残すのであればビデオカメラのほうがいい。と思うけど、神聖かまってちゃんらしさは配信にある。
会場に着くと、みさこさんが緊張していた。すぐさまトイレに向かっていた。それもそうだろう。いつもは小さなライブハウスで少人数に対して配信をしている。こんな大舞台に立つなんて、と彼らが出演するSIDE MARINE SHOWを覗くと、小さっ!狭っ!これ、いつものライブハウスと変わらないステージの広さじゃないか。

神聖かまってちゃんの出番は夕方18時頃。売店で買ったパピコが溶けるので急いでチューチューしていると、みさこさんから電話が。
「撮影のことで話したいことがあるので、テントまで来てください」
呼び出しを食らい、楽屋テントへ。そこには完全に瞳孔が開ききったの子さんの姿があった。ちょうどニコニコ生放送をしている最中。monoくんとみさこさんが放送に出ている間、その脇で「撮影なんですけど、今日ニコ生で撮ってもらいたいんで」と優しい口調で僕に話しかけた。
しかし、なぜかイスをガンガン叩きながら喋ってる。優しいのか恐いのかどっちなんだ。
「本番になったら竹内さんめがけて『たけうちぃー!!』って言ってノートパソコン投げるんで、受け取ってください」
無理だろう。
とはいえ、本気で投げるつもりはなさそうだが。とにかく、ニコ生に映るのは正直怖い。なるべく存在を消させてもらい、ノートパソコンをバトンタッチしてほしいものだ。

夏は日が暮れるのが遅い。薄っすらと青みがかった空の下、18時。そろそろ出番だ。楽屋テントに行き、劒マネージャーから撮影パスを頂く。
の子さんは絶賛ニコ生中。他のメンバーはセッティングのため、ステージへ。劒マネージャーもの子さんの代わりにセッティングするため、楽屋を離れる。楽屋はの子さんと僕の2人だけになる。
ドリンクを冷やす水の中に手を入れ、水を整髪料の代わりとして髪の毛をセットしている。逆立たせ、パンクロッカーのような髪型に。そしてキメ顔。やがて、彼にノートパソコンを受け取ろうと近付く。「これから竹内さんに撮ってもらうんでー」などと言い、パソコンの向こう側が映るようにカメラの位置を変えた。
すると、突然画面が真っ黒に。
「あれ?」との子さんが戸惑い、ステージでセッティング中のmonoくんを呼び出す。復旧に取りかかる。それでも直らない。コメントは流れていく。リスナーの方々は皆、僕がパソコンを受け取った直後に配信がストップしたせいか、「原因:竹内」という共通認識で盛り上がっていた。聞いたばかりの「竹内」という名前が大量に流れていく。

「竹内なにした?」「おい竹内」「ちゃんとしろよ竹内」「たけうちたんちゅっちゅ」「竹内仕事しろ」

まだ受け取っておらず、カメラの方向を変えただけで止まった。何もしていません!と、弁解することもできない。
しかし、monoくんのおかげか、音だけは途中から修復した。もう時間も押し気味。「早くステージに立たないと」とPerfect Musicの方に促されたの子さん。ニコ生に未練を残している様子を見せながら、後ろめたそうにセッティングへ。
「聞こえますかー?」
僕はリスナーの方々に問いかけ、ノートパソコンを持ってステージ前に行く。そこでコメントの嵐が。「時間やばい」「延長しろ」「延長しろ延長しろ延長しろ延長しろ延長しろ」と。
延長?なにそれやり方知らない。
焦りまくる。これで配信終わったら責任重大だ。唇が乾く。配信画面以上に、恐怖で頭が真っ暗だ。文字だけのバッシングと強制という状況に動揺。「更新押せ」というコメントに従い、『更新する』のボタンを押した途端、なぜかニコニコ生放送のトップページに画面が切り替わる。
青ざめた。なんとなく、「終わった」と感じた。
もはや今頃、2ちゃんねるでは叩かれまくっているに違いない。だがしかし、こんなこともあろうかと(思ってなかったが)、用意していたのがビデオカメラ。
サマーソニック。彼らの過去最大の勇姿。
その映像は、ズームを使い、最高のアングルで残さなければ。などと状況を無理矢理正当化する。ノートパソコンをPerfect Musicの方に預け、ビデオカメラを抱えてステージ前へ。すると、ニコニコ生放送を見ていた友人から携帯にメールが。
「いま、修羅場になってます笑」
とりあえず竹内バッシングが凄まじいことになっているらしい。そりゃそうだ。配信を潰したことになっているのだから。
すぐさま友人に電話する。「今からビデオカメラでちゃんと撮るんで、今日帰ったらすぐアップする!」と報告。
「あっ、そうなの?じゃあコメント書いて伝えておくよ!」
後に『竹内くんがビデオカメラで撮るそうだよ』と書き込みがあったようだ。そこから少しだけ鎮火し、落ち着いたらしい。

ようやく落ち着き、いつものライブ前のほどよい緊張感に。セッティングする神聖かまってちゃん、やたら時間かけてないか。
なかなか演奏が始まらない。
どうやらギターの音が出ない様子。メンバーとスタッフとのやり取りに、見ているこちらもハラハラする。
そしてようやくの子が話しはじめる。

「どうも神聖かまってちゃんでーす。わざわざ青森からとか来てくれた方もいるらしいんですけど、あー、僕らはこっちから行く気がありません。これからも来てください」

時間は18時半くらい。空はもう薄暗くなっている。夏の野外だけあって、涼しい風が気持ちいい。ついに神聖かまってちゃんのライブが始まる。
の子の「告知とかあれば」という振りで、ちばぎんが「今日ダブルブッキングで、渋谷のLUSHって場所でオールナイトイベントに出ます!」と言い、「マシオカー!(アメリカの某人気ドラマのキャラクターにちばぎんが似ているから)」というお客さんの振りに、戸惑いながらも「ヤッターー!」と合わせるちばぎん。
演奏を始める前にちばぎんが「大丈夫かなー?」との子に聞くと、「ちょ待て!チューニングが」と。そこで劒マネージャーに耳打ちされたmonoが残念なお知らせを。
「え?1曲しかできない?」
衝撃的な発言だ。
客席からもどよめきの声。ドラムセットに座ってスタンバイしているみさこの表情が曇る。
「1曲しかできない!?」
ちばぎんのリアクションが、夏の夜空に響き渡る。

しかし、そんな事実には一切気を取られていない男が一人だけいた。の子である。チューニングに没頭し、恐らく状況を掴めていない。そして結局、自分ではチューニングができない。どんなギタリストなんだ。前回の渋谷屋根裏同様、ちばぎんにチューニングをやってもらう。かわいらしい仕草でお辞儀して頼むの子が、客席に向かってオフマイクで語り始める。

「はい!というわけで、なんかワケ分かんないところに集まっていただいた皆様、どういった縁なのか分かりませんが、これが一生に一度になるのかも知れません。祭りだ祭りだってごまかすわけにはいきませんが、ちょびっとでも、ちーーっとでも、ひっかかったら、覚えてくれたらいいかな、なんて思います。僕も、僕らの世代に、勢いあってガンガンガンガン!ロックンロールを伝えていけたらいいな、なんて思っています」

かっこいいことを言っているようだが、これはチューニングをしてもらっている最中の発言だ。かっこいいのかかっこ悪いのか。そして、1曲しかできないという事実が一番気になる。
「とりあえずやりゃいいんだよ」
の子の発言に言葉を添えるmono。
「何やる?ロックンロール(は鳴り止まないっ)?」と尋ねるmonoに、「ブレイクダンス!」と突拍子もない答えを出し、ブレイクダンスなのか何なのか分からない危なっかしい動きをしながら床に倒れ込む。みさこはそれを見て笑う。必死にチューニングしているちばぎんの傍で。
チューニングが終わる。「とりあえず23才の夏休みを…」と話し始めるの子を静止するかのように、monoが「だから1曲しかできないんだって。ロックンロール(は鳴り止まないっ)しかできないんだって」と教える。本当に状況を判断できていないようだ。

そして今回の唯一の演奏曲『ロックンロールは鳴り止まないっ』へ。

の子が『23才の夏休み』のために装着させておいたヘッドマイクが何の意味もない状態で、ライブがスタート。最初の歌詞から声が十分に出ていない様子。途中、客席に飛び込むアクションも少しばかり不完全燃焼な印象で、すぐステージに戻る様が若干お塩先生的にも受け取れてしまう。
それでも、神聖かまってちゃんの代表曲ともいえる『ロックンロールは鳴り止まないっ』をサマーソニックの会場で鳴らしたことは間違いない。
みさこを撮るたびに、その後ろに書かれている『サマーソニック』の文字が映る。どこからどう見てもここはサマーソニックで、ここで演奏したんだという事実は拭えない。

演奏後、「はいこれで終わりだよーん」との子が残念そうに言い、突然キリッとした表情になる。
「みなさーん!サマーソニックフェスティバルで、何を観に行きたい!?」
の子が客席を睨みつけ、10数秒間、無言。
「エイフェックス・ツイーン~♪」
自分の答えを言うの子。これで、神聖かまってちゃんのサマーソニックでのライブが終了。
まさかの1曲。まさかの配信ストップ。の子はライブ前から続けていた配信が止まったことに戸惑いと気力を失ったのか、ステージでは配信のときより元気がなさそうだった。配信のほうが生き生きしているボーカリストなんて、この人しかいないだろう。

ちょうどその時間、神聖かまってちゃんの2ちゃんねるのスレッドではこのような書き込みが。

842 :無名さん:2009/08/07(金) 18:43:07
メンバーも竹内ももっとニコ生について勉強しとくべきだったな
843 :無名さん:2009/08/07(金) 18:43:25
竹内さんは悪くない
844 :無名さん:2009/08/07(金) 18:44:23
竹内はかわいそうだな
ほかはざまあって感じだけど
846 :無名さん:2009/08/07(金) 18:54:00
竹内さん今回も録画してるかな?

なんだか、ノートパソコンを受け取ろうとしただけなのに一気に『神聖かまってちゃん』という渦の中へ自分が投げ込まれた気にもなった。そして、>846様、ばっちり撮りました。

神聖かまってちゃんが演奏後、若干ぽつぽつと降り始めていた雨が急に本格的になり、山の天気のように突如として表情が変わる空。豪雨に見舞われ、サマーソニックでは演奏を一旦中止するステージもみられた。雷に悲鳴が上がり、風で遊ばれてしまう人々。そんな会場の様子を、千葉マリンスタジアムの屋根の下で雨宿りしながら見ていた。すると向かい側のSIDE MARINE SHOW楽屋テントで、の子も会場の様子をあっけにとられた表情で見ていた。
無気力に佇んでいる姿が印象的だった。
この天気は、神聖かまってちゃんが嵐を呼んだということなのだろうか。ちょうど彼らの本番の時間には避けるように、嵐は通り過ぎていった。

神聖かまってちゃんはこの後深夜に、渋谷でライブをする。
せっかくサマーソニックに来たので、他のライブも楽しもうと思っていた。だけど、テントの下に佇むあの姿を見て、彼らを追いかけようと思った。
誰でもそう思うだろう。
そして23時、神聖かまってちゃんは過去最高のライブをみせてくれた。

2009年8月7日 サマーソニック2009
〈セットリスト〉
1、ロックンロールは鳴り止まないっ

0 件のコメント:

コメントを投稿