たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2013年1月10日木曜日

たけうちんぐ日記 1/10

1月10日(木)「なんて素敵なはなしだろう」

くるみちゃんに久々に会った。 

くるみちゃんは6才の神聖かまってちゃんファン。あの飴屋法水さんのお嬢さん。お母さんがTwitterにあげていたこの写真がかわいいのでちょっと拝借させてください…。クリスマスの朝の写真だそうで。

「の子さん元気よ」と言うと、「ちょっと待って!」と突然立ち止まった。すると枝で地面の土に「まこ」「まこ」「まこ」と書き始めた。「のこ」の最終形態なのか。その横には「めーー(羊の絵)」と書いた。なんだろう、この平和なワンシーンは。

くるみちゃんがいると周囲の人がみんな平和になる。そんな空気が充満していた。
の子さんが2008年頃に作っていた貴重なデモCD-Rを貸してもらった。『怒鳴るゆめ』のノイズバージョンや、『僕の宅急便』(『映画』の原型)、『キメテ物語』(正体は『ののの物語』)と超絶貴重。バンド・空間現代の野口さんが昔対バンしたときにあまりに良かったので、すぐさまCDを買ったらしい。価格はなんと100円。 

お宅におじゃまさせてもらい、昨年の子さんが参加したフィッシュマンズのライブ映像をフルで観させてもらったり、くるみちゃんとお人形で遊んだ。
ずっと観たかった『土曜日の夜』『あの娘が眠ってる』の映像(ギター破壊!)に一人白熱していたら、僕の目の前に人形を突きつけてくる。「遊んで!」と。映像が流れているパソコンのイスの前には大きな人形を置き、座れないようにされていた。遊んでると次々と厳しい指示が入り、「一緒に片付けて!」と言われて片付けていたら「それは違うのっ!」と叱られる。厳しい子です。なんだか、神聖かまってちゃんよりかまってちゃんがすぐそばにいた。

昨年、フィッシュマンズのライブにの子さんが参加したのは、ほぼくるみちゃんのおかげと言っていいほど。
ZAKさん(フィッシュマンズのエンジニア)がくるみちゃんのお母さんのTwitterで神聖かまってちゃんを知り、「くるみちゃんが大好きな"の子"って?」と興味を持ち、の子さんのやっていることに感銘を受けた後に出演に至ったという。一人の女の子の気持ちがさいたまスーパーアリーナのステージを変えただなんて、フィッシュマンズの歌詞を拝借すると「なんて素敵なはなしだろう」。

くるみちゃんが心からの子さんのことが好きなことは、お母さんのTwitterで何度も見ているのでたくさんの人が知っている。

ちびが、お父さんとはなれたくないよーとめそめそしているので、の子のライブやめる?と聞いたら、しばらく間があって「やっぱり、くんちゃんは、の子のライブが見たいのです。ごめんなさい」と泣きくずれていた。かわいい・・。
 
くるみちゃんもの子さんに負けず劣らずパワフル。大きくなったらきっとすごい人になるんだなあとワクワクする。ZAKさんが撮影されたこの写真がめちゃくちゃ好き。何かを象徴している。
そしてくるみちゃんは単に可愛いだけではない。時に鋭い視点や着眼点で驚かしてくれる。お母さんのTwitterではそれがたくさん記されており、目が離せない。子どもには大人に見えないものが見えるだろうし、たくさん発見がある。
特にくるみちゃんが神聖かまってちゃんを見つめる目が気になる。
気持ち悪いことに僕はお母さんのツイートを保存している。くるみちゃんが見た神聖かまってちゃんとは一体何なのか。すごく気になるのです。

かまってちゃんの、あの「死ねー!」という曲が、気になるのだそう。
「かまってちゃんは、じぶんが、死にたいと思って、死ねーと言ってるのか、死にたくないけど、でも、そう言いたくて、言っているのか、それとも、親が死ねばいいと思っているのか。くんちゃんはわからない」

「だから、このうたが気になる。くんちゃんは、かまってちゃんは、死にたくないから、死ねーって言ってるんじゃないかとおもう。」
「しねーっておもったり、あいしてるっておもったり、こころには、りょうほうある」


僕はこれまでに神聖かまってちゃんについての文章をこのブログにたくさん書いているけど、くるみちゃんの一言には敵わない。当然だけど、その人それぞれが想うことに到底思考が及ばない。

6才の子から学ぶことがたくさんある。てことは、10代の子からも、22才の子からも。そして当然年上の30代や40代の人からも学ぶことがたくさんあるってことが分かる。
お宅におじゃました途端、「お茶だしてあげて」とお母さんに言っていた。
フィッシュマンズの『頼りない天使』を聴くたびにくるみちゃんを思い出す。頼りがいのある天使だけど。なんか、優しくてちょっと強いんだ。

出会い頭に「はい、あげる!」と言って、どんぐりをくれた。
小さなどんぐりだった。
ほんのわずかな季節を手に持って教えてくれるように、小さな手で渡してくれた。
なんか、もう、ほんとあったかい気持ちになった。
しんどいこともきついことも色々とあるけど、ああ、なんか、なるべくちょっとは頑張ろうって思えた。
そして、誰もこの瞳を絶対に汚してはならないと思った。
 

この子が幸せに暮らせる日々がずっと続く、そんな世界でありますように。
こんなに純粋に青空を見上げられた一日を味わえて、幸運に思いました。
最後に、最も好きなくるみちゃんの発言をお母さんのTwitterから。

ちびが「おとうさん、大事な話があるんだけど」と言う。
「くんちゃん、毒の雨にあたらないようにするよ。そして、くんちゃん、大きくなったら、元気な赤ちゃんを産んで、おとうさんとおかあさんと、育てる。」
それは、大事な話だね・・。大事な話すぎて、涙出た。

0 件のコメント:

コメントを投稿