たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2011年12月30日金曜日

2011たけうちんぐ的ベスト10



今年も暮れていきます。

この時期には決まって「ことしをふりかえる」というコマンドが発生し、「たたかう」「じゅもん」「どうぐ」「にげる」よりも選択してしまいがち。「にげる」に程近いのかも知れない。1月1日にはフッと忘れてしまうからこそ、記録に残しておきたい。そんな気持ちが無駄に働きました。
振り返るほど音楽を聴いていないし映画も観ていないのですが、何年後かにここを見ると「あー、こんな年だったんだな」と思い出せたら一番です。どんな年なのかいまいち分からないですが。

ここで2011年たけうちんぐ的ベスト10を発表します。すみません。


よく聴いた曲onYOUTUBE
2011年に結構再生した動画ベスト10です

Noriaki『SU・BE・TE』
ひきこもりミュージシャン・ノリアキには毎度勇気しかもらってません。
PVも秀逸。危険な匂いしかしない。外国人女性は全力で逃げるべきです。
YUKI『COSMIC BOX』
このYUKIは妖精。マリオネットみたいな動きがヤバイです。
YUKIのDVDは顔のアップがないのでいつも悔しい思いをしています。
コトリンゴ『こどものせかい』
映画『マイマイ新子と千年の魔法』で涙ながらに聴きました。
田舎の風景。水、砂、草、空すべてが美しく感じられて聴いてると心が安らぎます。
AKB48『竹内先輩』
今年最も振り向いた曲です。
自分の名字が曲名になるなんて珍しいことなのでニヤニヤしました。
Peter Auty『Walking In The Air』
幼い頃に好きだったスノーマン。問答無用に励まされます。
寂しくも楽しくも聴こえる不思議な楽曲に思います。
あらかじめ決められた恋人たちへ『Back』
中盤でタイトルが入るタイミングとセンス。海外でも評価されるべきです。
言葉がなく、抽象的なのになぜか何かが伝わる映像。勝手に物語を妄想してしまう。
斉藤和義(with BOSE)『いたいけな秋』
日比谷野音で観て、それ以来かなり虜になりました。BOSEかっこよすぎです。
ロックスターの寿命をヨウ素やストロンチウムなどの放射性物質の半減期に替え歌していた。
Emmy The Great『Edward is Deadward』
洋楽で唯一何度も聴いていたのがこの人の音楽。耳にすんなり入ってくる。
遊んでいる子どもたちをバックに。日常の中に音楽があるような、こういう映像が撮りたいです。
うみのて『もはや平和ではない』
もはや平和ではない一年にぴったり。うみのてはガチです。
映画評論家の森直人さんがこの映像を今年のベストワンに選んでくれて嬉しかった。
神聖かまってちゃん『花ちゃんはリスかっ!』
10代の頃に聴いていたら危なかった。後半の攻撃的なテロップに鳥肌が立つ。
最後の実写シーンに妙な優しさを感じてグッときます。


観た映画
今年公開ではない映画もありますが観た映画ベスト10です

マシュー・ヴォーン監督『X-MEN ファースト・ジェネレーション』
悪の考え方にも善の考え方にも納得。こうやって争いは起きるものかと学びました。
『アバウト・ア・ボーイ』の主人公の男の子が成長していたのに時の流れを感じました。
トニー・スコット監督『アンストッパブル』
最後の「登場人物のその後」が最高。キャラクターが分かりやすい。
デンゼル・ワシントンの深みのあるセリフにグッとくる。暴走する電車でこれが言えるのかと。
井上剛監督『その街のこども』
公園からマンションを見上げるシーンでは鼻水がたくさん出てしまいました。
阪神大震災を経験した身として、というより「はみご」という言葉が懐かしくて印象的でした。
J・J・エイブラムス監督『SUPER8/スーパーエイト』
太っちょの男の子の恋心に感情移入しました。
電車事故の後、乗用車に乗っていた先生が生きていたのに一番驚きました。
片渕須直監督『マイマイ新子と千年の魔法』
田舎の美しくて清いものだけでなく、自殺や社会の暗部なども描いていたのが良かったです。
新子がワンちゃんを「おーよしよしよし」と撫でるシーンが可愛かったです。
ミシェル・ゴンドリー監督『グリーン・ホーネット』
クリストフ・ヴァルツだけでもお腹いっぱい。こんなに魅力的な悪役ができる人はいない。
ケンカのシーンが無駄に長くて笑いが止まりませんでした。
トッド・フィリップス監督『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』
笑えないくらいの事態でしたが、前作と絡めた部分が見事すぎます。
ケン・チョンがまた閉じ込められていたのが良かった。
チャーリー・カウフマン監督『脳内ニューヨーク』
半分以上理解できなかったけど、理解できないと余計に印象に残ります。
ジョン・ブライオンの『Little Person』の歌詞がたまらなかった。
寺本幸代監督『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち』
旧作と違い、ピッポとリルルの関係性からまた新たな感慨が生まれていた。
総作画監督の浅野直之さんにお会いできたのも嬉しかったです。
ルパート・ワイアット監督『猿の惑星: 創世記』
昔、「ありえない」と思いながら観ていたシリーズがますます現実味を帯びてきている。
一番身体のデカイ猿の最期がかっこよすぎて笑いながら泣きそうになりました。


行ったライブ
鑑賞・撮影を含めて印象的だったライブ10本です

神聖かまってちゃん@六本木ニコファーレ 10月2日
彼らにとって一つの到達点だったように思う。360度ニコ生映像は特別な体験でした。
「たくさん笑ってたくさん泣いて精一杯生きてくれ」ってコメントが流れたのに感動しました。
うみのて@渋谷O-nest 11月24日
とにかく今年一番の収穫と言ってしまえるほどのバンド。
敵対心燃やしまくりのライブ。ヒリヒリしていて痺れた。うみのてはマジでヤバイです。
YUKI@WORLD HAPPINESS2011 8月7日
ギターを弾くYUKIの残像を目に焼き付けるのに必死でした。ボブ界の巨匠。
『ワンダーライン』は楽しいはずなのに、どこか寂しげにも聴こえるのがよかった。
透明雑誌@早稲田ZONE-B 8月28日
お客さんのノリが激しく、撮影しながら脛から血が出ました。
「台湾のナンバーガール」とキャッチコピーがあったけど全然そんな感じじゃなかった。
チッツ@渋谷-nest 5月12日
この日観ていたスチャダラパーのBOSEが褒めたらしい。全員褒めるべきです。
『熱血硬派くびおくん』の哀愁はたまらない。ベース列車強盗の顔はこのバンドの宝。
ガール椿@下北沢CAVE-BE 10月15日
愛くるしいメロディと日常を切り取った歌詞。ようやく観れて撮影できて感激しました。
『テーブル』の群像を綴る合唱には思わず涙が出ました。
斉藤和義@日比谷野外音楽堂 4月17日
この人がこれほどまで評価されてずっと活動できている理由が一目瞭然のライブでした。
夜の都会のど真ん中での『いたいけな秋』には鳥肌が立ちました。
大森靖子@高円寺無力無善寺 10月16日
感情剥き出しの歌い方に鳥肌。すべての芸術にありがとうって言えるのを信じたい。
痛くて鋭いものが飛び込んできました。こういう人は、いなくてはならない。
ももいろクローバー@渋谷AX 2月25日
初めて観た感動は計り知れず。隣で観ていた大阪の友人が泣いて動揺した。
『走れ!』のフォーメーションがとにかくかっこよかった。
太平洋不知火楽団@新宿Motion 3月17日
震災後、中止されずに行なわれたイベントにて。ライブをやり続ける意義を感じさせられた。
『たとえば僕が売れたら』の歌詞にある「津波」も「地震」も必然に感じられた。


みんなのツイート
Twitterでのお気に入りのつぶやき10本です

「アイホンで写真撮ろうとして、カメラ立ち上げたら、自分側のカメラになってて、まぁ、いつものように死んだ魚のような目をした自分が画面いっぱいに映し出され、ありとあらゆるやる気を失いそうになったぞい!あぶぬわぃ(◉□◉)!」 by __hisako(田渕ひさ子)
田渕ひさ子さんのツイートは可愛すぎる。顔文字が特にヤバイです。
「「芦田愛菜 薬で小さく」の検索結果 約 150,000 件」 by takuya(Takuya.OHYAMA )
とにかく芦田愛菜の存在に脅かされた一年でした。
「ATMでお金おろしたら血まみれの一万円札が出てきた!シャレにならん!」 by ohuchi_rider(太平洋不知火楽団/Ba大内)
これは本当にシャレにならん。
「「最高の波がやってきたぞ、みんなサーフィンに出かけよう。あの波をつかまえるんだ」的なサマーソングで有名なあのビーチボーイズが、日本の被災者支援に新曲を発表するというニュースがブラックジョークとしてハイレベルすぎてもう何も突っ込めない。でも乗るしかない、このビッグウェーブに。」 by NeDu_Baian(バイアンZ)
不謹慎なものを受け入れようとしない風潮の最中、このツイートには勇気をもらいました。
「男たるもの嬉しい事や楽しい事があった時こそ黙って独り心の中でその喜びを噛み締めるべきだ、と常々思っている俺だが今日だけは言わせて下さい。さっき夜の江戸川見たいな、と思い河川敷に行ったらカニ缶拾ったー!!!!カニ缶!拾ったー!!!!」 by taka_yoshida(タカ吉田)
カニ缶には確かにこうなってしまう。
「そういや神聖かまってちゃん肯定したら微妙にフォロワー減ってたわー。まあでも大丈夫、俺には大切なマイミクさんたちがいるから。」 by kobayashi4000(kobayashi4000)
これはリアルな事象だと思いました。
「おめでたい!」 by tombomono(mono)
の子さんの誕生日に。monoくんの絶妙な距離感が伝わるツイートでした。
「どうみても笹口 RT @aoyagifumiko 笹口騒音ハーモニカさん、よかったです。ライブを初めて観たのですが面白かったです。笹口さん×竹内道宏さんの映画楽しみです。はぁー、面白かった、最後の方はもう加瀬亮さんにしか見えなかったです。」 by ork_house202(はやせ)
本当にどうみても笹口くんでした。
「明日のライブに向けてハッピーを注入しておこうとスタジオ練習の帰り道に『魔法にかけられて』を借りて、部屋で取り出してみたら何の間違いか「殺戮島」と書かれた謎の真っ赤なディスクが入っていたので泣きながら返しにむかってる。」 by summer724timer(のもとなつよ)
似たような経験はある。これはタイトルが壮絶でした。
「上位装備揃えたったwwwwww http://ow.ly/i/nNa2」 by SKCchibagin(ちばぎん)
騒動の最中、モンハンに関するツイート。一気に温まりました。


たけうちんぐのツイート
2011年で結構ふぁぼっていただいたつぶやき10本です

「新聞を取ってないので久しぶりにテレビ欄というものを見た。「ユースケサンタマリア」の名前の長さは脅威だ。他の出演者の名前が省かれてしまう。その点「要潤」はどんだけ優しいんだ。「照英」も優しい。「瑛太」も。「白竜」も優しいけどテレビ欄に載ってない。」
春名風花ちゃん(はるかぜちゃん)になぜかリツイートしてもらってやたら広まった。
「18才の頃、難波BEARSで「大名行列」という20人くらいがケンカするだけのノイズバンドの撮影をしていたとき、最後メンバーの一人が「現実に戻るぞー!」と叫んだ後に客席中央に炊飯器が置かれた。開いてみると美味しそうなご飯が炊き上がっていた。これが現実かと思った。」
100人以上にリツイートされたけど、当時大名行列のライブには100人も客がいなかった。
「ARB48総選挙 結果発表→1位 KEITH、2位 石橋凌、3位 EBI、4位 内藤幸也、5位 白浜久、6位 KEITH、7位 田中一郎、8位 斉藤光浩、9位 浅田孟、10位 宮城伸一郎、11位 ジャン=ジャック・バーネル、12位 KEITH、13位 サンジ、14位 KEITH」
KEITH推しであることがバレたかも知れない。
「マルマルモリモリウンコモリモリッ♪」
個人的にはとても気に入っております。
「意味もなく樹海の動画を漁っていたら「青木ヶ原樹海って物々しい名前にするから、自殺者が集まってくる­­んちゃうか?“青木ヶ原ピョコピョコワールド”とか“ダッフンダーファミリー­­樹海”って名前に変えたら、自分の命を絶つ場所に選らばへんの­ん­ちゃうか」というコメントが高評価だった。」
どうして樹海の動画を漁っていたのかが一番恐い。
「駅の改札前で後ろから走ってきた女性にタックルされ、突き飛ばされた。痛かった。女性は前にいた彼氏らしき男性の背中に抱きついた。チャオズみたいに爆発すればいいのに。」
かなり黒い考え方だけどこのときは本気でそう思った。
「神聖かまってちゃんは友達バンドがいない。仲の良いバンドが一つもない孤立感は2年半前から全く変わらない。だけど孤立してるからこそリスナーと一対一になれる。の子さんが「配信見てる人は大体一人で見てるんだぜ。だからこっちがワイワイやってたらムカつくだろ!」といった発言は大いに納得。」
神聖かまってちゃんについてずっと言い表したかったことです。
「ずっとドアを開けたまま。とても寒い。一人暮らしは心細い。神ヘルメットを被っている。お隣さんとバッタリ会った。「神ですか?」と聞かれた。「神です」と答えた。僕は結構テンパっているのかも知れない。」
震災の頃のムードが色濃く。神聖かまってちゃんのライブに手に入れたヘルメットの効果。
「『モテキ』観て、地元でくるり好きな可愛い女の子がいて、くるり嫌いなくせに突然くるり好きになった男の子がいた。僕は元々くるりが好きだったけど、その男の子はやがて女の子と付き合うことになった。僕は元々その女の子が好きだった。くるりが聴けなくなった。そんなことを思い出した。」
なんでこんな暗いこと書いたんだろう。
「学生時代のあだ名って残酷ですよね。中学1年の頃、体育で足の速い男の子が「はやお」って呼ばれていた。やがて「はやお」から「みやざき」と呼ばれるようになり、2年生の頃には「ジブリ」になっていた。そして3年生で同じクラスになったとき、「スタジオ」と呼ばれていた。そうきたか。」
スタジオってかっこいい響きでした。


2ちゃんねるの(>_<)書き込み
ちょっと悲しくなったベスト10です

・「ちんぐ前歯2本だけチロっと出ててウケる」
・「はっきり言って竹内の文章ウンコでしょ」
・「竹内!!!!頭皮大丈夫か???????????????」
・「竹内ひげ濃くてキモイ」
・「ちんぐってホモなん?」
・「竹内はかまってちゃんか笹口、どっちかにしてくれねーかな、もう」
・「竹内死ね」
・「竹内はマーライオンとかいうガキに目をつける節穴野朗」
・「竹内のシャッ、シャッて切り替え撮影、イラッとくる」
・「竹内のまとわりつきは異常 アイツこそ真の売名野郎」


2ちゃんねるの(^o^)書き込み
励まされたり勇気づけられたベスト10です

・「ちんぐのyoutubeでチッツと笹口騒音が好きになった」
・「そろそろ竹内んぐの良いところ語ろう!」
・「ちんぐの誕生日だよ!!おめ!おめっおめでつおおおおおおおおおおうう!!」
・「竹内が撮った映像かっこいいよなあ画質も音質もしょぼいのに最高だよ」
・「ちんぐの奴、いったい何があったんだ?大丈夫かな、、」
・「ちんぐさんは、いい文章書きますね♪」
・「竹内がうみのてのライブ動画大量にpしたありがとう、めっちゃ嬉しい」
・「俺は自分のバンドのライブをちんぐに撮ってもらうのをとりあえずの目標にしているんだから」
・「竹内のイラストのステッカー欲しい」
・「竹内さん、おれぁアンタのこと好きだぜ」


かわいい人
2012年もこの世界にいてほしい10人です

長澤まさみ
ショートヘアになって熱が再燃。ドロンなんてせずに世界にあと10人くらいいてほしい。
『クレイジーハニー』の赤い髪の毛もやばかった。これからも男心を弄んでください。
本田翼
ボブ界の新生。『non-no』を買うためなら女の子になってもいい。
この人がモテない役なんてやってしまったら世界の法則がすべて崩れてしまうだろう。
玉井詩織(ももいろクローバーZ)
元々黄色いものが好きなのに、このショートヘアときたらもう降参するしかない。
「ロックファンの皆さん目を覚ましてください」と言われたら全然覚まします。
ファンタジスタさくらだ(あやまんJAPAN)
ボブは逃さない。下ネタとか不謹慎だとか関係なく、ボブは誤魔化せない。
「ちょっと待て!この人かわいいぞ?」と思った人は少なくはないはずだ。
大亀あすか
神聖かまってちゃんを通じて知った。スキューバダイビングに挑戦する動画がこれまたヤバイ。
一見キーホルダーみたいだけどずっと見ているとなぜか笑えてくるほど可愛らしい。
平沢唯(『けいおん!』)
ベタかも知れないけど、このアニメをリアルタイムで観ていた頃から気持ちは変わらない。
とにかくボブだ。それだけは免れない。こういう性格は得をする。
市川美織
手をパーにしてニコニコしていてどこからどう見てもアイドル的仕草に葛藤を覚えた。
だけどどうだろう。カエルを持ちながら逃げ惑うメンバーを追いかける姿に黙っていられない。
中川翔子
この人は可愛いだけではなくて、精神がかっこいいのだ。
暗闇から光を掴み、ここまで来た。生まれつき可愛いのも大きいかも知れないが。
夢眠ねむ(でんぱ組.inc)
アイドルの聖地・秋葉原ディアステージでライブを観た。
その後は4階で普通に接客をしていたがジュースを飲む僕の手が震えるほどのボブだった。


以上、2011年たけうちんぐ的ベスト10でした。すみませんでした。

来年もたけうちんぐダイアリーをどうか宜しくお願い致します。


たけうちんぐ

0 件のコメント:

コメントを投稿