たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2011年12月3日土曜日

2011年度ベストワンダフル

映画ライターの森直人さんが自身のブログで、11月13日に撮影したうみのてのライブ動画を2011年度のベストワンに選んでくださっています。
先日の渋谷シネクイントの楽屋でお会いして、それからどのような形でうみのての動画に辿り着いたのでしょうか。選んでいただき、嬉しい限りです。森直人さんは8年ほど前から、向井秀徳さんが宮藤官九郎さんらと作った映画サークル"現代会"のメンバーとしても存じ上げておりました。
(以下、ブログ内文章を抜粋)

突然ですが、わたくしの2011年度ベストワンを発表したいと思います。こないだお逢いした竹内道宏さんが撮られた笹口騒音ハーモニカのバンド編成、うみのての『もはや平和ではない』2011/11/13 秋葉原GOODMAN ライヴ動画です。


これは僕にとって1999年、ナンバーガール『EIGHT BEATER』の記憶をようやく更新するものかも。
観たいところの欲望をぴったり外さず、バンドのエモーションと身体的に共振したようなカメラもすごすぎる!!

ナンバーガールの『EIGHT BEATER』は何度繰り返して観たことか。断片的な記憶を綴るかのような歌詞。そしてそれを絶叫するボーカル。不快と快感の狭間を通るディストーショナルギターサウンド。語るとキリがない。
同じく、うみのての『もはや平和ではない』も語るとキリがない。そのキリのなさを伝えられたのは光栄です。キリキリしている曲のパワーをライブハウスの外に伝えたかったのです。
ライブ映像の撮影はリズム感を重視している。生の感動とはまた違う効果として、ズームアップとパンがあると思っている。激しいときは激しくカメラを振り、わざと揺らし、迫力をつけようとする。
ビデオカメラを手にしてから約9年間、関西にいる頃からライブを撮影している。チッツ、神聖かまってちゃんなど、魅力的なバンドを撮影してきたからこそ今がある。だからこそ、今回ベストワンに選んでくださったのは嬉しかった。たくさん映画をご覧になっている中、どの部門での一位なのか分からないけど、また森直人さんとお会いする機会があればゆっくり話したいと思っております。

ライブで初めてバンドバージョンのこの曲を聴いたので、初めて体験する興奮が反映されていたように思う。撮影もちょうど衝動的な映像になってよかった。
これは、たくさんの人に観てもらいたい動画です。

0 件のコメント:

コメントを投稿