たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2011年11月19日土曜日

コカジアキ企画『アキチャンブリケvol.1』

下北沢BASEMENT BARでのコカジアキさんの企画『アキチャンブリケvol.1』に霊能者パフォーマンスで出演しました。
共演は、お米、キングヌラリヒョン、太平洋不知火楽団、どついたるねん、ヒサシ the KID(THE BEACHES) 、BiS-新生アイドル研究会-、空間演出:UKG(男子系トリプルユニット)という色とりどり。相変わらず"竹内道宏(霊能者パフォーマンス)"が無駄なスペースを取っている。
あいにくの大雨。自分目当てではないとしても、お足元が悪い中来てくれた方々がありがたいです。だからといって感謝の気持ちを述べることはなく、いつもの"心の声"で会話しました。

一発目のどついたるねん。なにげに初めて観た。昆虫キッズの高橋くんがCDのプロデューサー(?)をしていたり、友人の大西くんがCDのデザイン(?)をしていたり、とにかく(?)ばかりという情報が曖昧なまま。動画でしか観たことがなかった。
「今日は雨なんで床が汚れていると思うので、掃除します!」
いきなり雑巾やモップなどを手に、床をゴシゴシ掃除し始める。客席まで降りてきてゴシゴシ。"どついたるねん"という攻撃的な名前に似つかわしくない、親切な光景にほっこりした。磨いたるねん。拭いたるねん。優しかった。

彼らの掃除もあってか、その後のステージの転換中での僕の出演はやりやすかった。共演者のお米さんらが最前列でかぶりついて観てくれたので安心した。時折ビクッてなるくらい大きな声で笑っていた。最近はほぼ同じセットリスト(登場する霊のこと)だが、これでぶちかまして良かったと思う。
今回、キングヌラリヒョンの後にも出演。2回の登場となったが、お客さんの雰囲気が温かかった。いつも以上に霊との激しいバトルができた。おかげで筋肉痛が2日引きずった。見えない敵と戦って腕が痛いとは、僕は東京で一体何をやっているんだろう。

初めて観るBiS-新生アイドル研究会-は予想以上にかっこよかった。アイドルのライブは初めてではないが、ライブハウスで繰り広げられるヲタの方々の連携プレーにはいつも感動する。あれがあることでライブが成り立つ。雰囲気をガラリと変えてくれて、快感だった。いつも神聖かまってちゃんのライブで一緒になる映像ディレクターの丹羽さんと浅井くんによるPVを観ていたので、生で観れて良かった。
映像や写真で見る以上にキラキラしていた。だけど、妙に哀愁を感じる。表情が突き抜けて明るいというより、どこかしら切ないように見えた。このまま渋谷WWWのオールナイトイベントに出演するらしい。
その前後に出演のお米さんは「やりづらー!」と悲鳴を上げていた。それでも、しっかり世界観を充満させていた。耳から離れないフレーズが多い。

最後に出演するのは太平洋不知火楽団。もはや自分にとってはお馴染みだ。霊能者後、すぐに撮影した。そういえばBiSのライブ中、「これは負けたなー。みんな渋谷行っちゃうよ」とボーカル・笹口くんは呟いていた。
ライブが始まると裏声で「太平洋不知火楽団です」と完全にBiSを意識した口調。「帰れー!」という野次で盛り上がる。「アヒル口してみようかな」と口を尖らしつつ、音を鳴らす。最初のほうで『Dancing Hell』がぶちかまされ、客席は異様な盛り上がり。ベース・大内くんはでんぐり返しし、彼が暴れるとどんなステージも狭く感じる。『13月』を久々に聴けた。津金くんのマシンガンの連射音のようなドラムが気持ちいい。
「僕もアイドルになりたい」などとぼやく笹口くんに「聡吾ー!」「Fadeー!(着ているTシャツ)」という声援。さりげなく、別の意味でBiSと同じくらい盛り上がっていた。
この日のセットリストのほとんどが、主催者のコカジさんのリクエストによるもの。最後は『夏町』で、コカジさんをステージに上げて一緒に歌う。フレンドリーでピースフルなムードに。太平洋不知火楽団のライブは割とサッパリしているというか、演奏以外はクールに感じる。だからこそ曲に入るときの温度の違いにグッとくるのだけど、こういう雰囲気のライブもいい。昨年10月の新宿Motionでのワンマンも、この曲が終盤にあった。ステージ脇から撮影しているとお客さんの楽しいそうな表情が見えて、いいライブだったことを覚えている。

最後までBiSを意識していた笹口くんだけど、異種格闘技戦ならではのライブだ。その中に僕も混じっているのは分からないけど、ごった煮の出演陣、それを選んだセンスにお礼を言いたい。ツイッターでの宣伝も激しかった。コカジさん、お疲れ様でした。「竹内さん、私のイベントにこれからレギュラーで出てくださいよ」と言われる。こんな僕でよければぜひ、ですよ本当。いいのか、霊能者パフォーマンスで。

イベント終了後、大内くんに頼まれていた撮影を。はこモーフの"踊ってみたコンテスト"に投稿するための映像を撮ってほしいと言われていた。あらかじめ公開されているはこモーフの『大きいかぶ』の振り付け動画を参考に、ニコニコ動画の"踊ってみた"タグを付けて投稿する企画がある。それに大内くんがなぜか自作のヒーローの衣装を着て投稿するという。
近所に住むナガシマくんと、某バンドSのIくんが悪役で出演。数分間の立ち話で打ち合わせし、即撮影。ノーカット、1分半の長回し。下北沢の『餃子の王将』の近くの路上で大内くんが踊る。とはいっても全然踊ってない。あらゆるバリエーションの変身ポーズを披露し、なぜか2匹の敵が現れ、やっつけるという反抗的な動画になった。敵を倒した後は『餃子の王将』に走りこみ、イベントの打ち上げをしている人のチャーハンを勝手に食べ、走って逃げる。ヒーローがやることじゃないのがいい。それでも夜の街に消えていく大内タカヒーローの後ろ姿がなぜかかっこよかった。
霊能者パフォーマンスで霊と戦った後は、ヒーローが敵と戦う姿を撮影。BiSのライブもなんだか戦いみたいだったので、バトル尽くしの一日になった。かなりの体力を消耗したが、あと3時間くらいは撮影続けられるくらい、タカヒーローの撮影は刺激的に思えた。

大内貴博→太平洋不知火楽団【13月】2011/11/19 下北沢BASEMENT BAR
大内タカヒーロー→ニコニコ動画【ヒーローがはこモーフ踊っていた】

0 件のコメント:

コメントを投稿