たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2011年9月24日土曜日

うみのて@新宿NINE SPICES

海とは真逆の世界・新宿でのうみのて。三度目の撮影へ。

うみのてには照明が似合うと思っていたので、会場に着いて間もなく行なわれた『なのるなもない(from降神)』のライブの照明を見てワクワクしていた。降神も好きなので、ライブを観れてよかった。そんなライブ中、ボーカル笹口氏が今さっき到着しました感ばりばりの雰囲気でうろうろしていた。この日は埼玉でのイベント『ぐるぐる回る』とダブルブッキング。笹口騒音ハーモニカとして出演していた。昼に路上でソロライブをし、夜はライブハウスでバンドライブ。大忙しの笹口氏です。

聴いたことのあるゲーム音楽や何かの合唱が流れるというライブハウスとは思えないSEの中、うみのてがセッティング。
リハーサルがてら、『ダイイングメッセージ』といううみのてで初めて作られた楽曲を演奏。楽器の音のバランスをお客さんに尋ねたりして、ライブ本番がスタート。

一曲目は『RAINBOW TOKYO』。キクイのドラムが鳴る中、「どうもみなさーん!元気ありますかー!」と笹口が客席を盛り上げる。埼玉から帰ってきたとは思えない元気ハツラツな様子で叫ぶ。スモークが十分たかれ、照明でキラキラしたステージ。うみのては光が似合う。高野のギターの音が心地よいキンキンした高音で耳を貫き、笹口のギターの音が鈍く熱い。このコントラストがたまらないのだ。
「グラウンドゼロ・トーキョー 地獄絵図 地獄絵図 青から赤え そして虹の中え 虹の向こうえ」 
メロドラマから壮大なスペクタクル長編映画に変貌を遂げるかのように、終盤の演奏が盛り上がる瞬間。虹がかかるように美しくて、爆撃を受けたように激しい。鍵盤ハーモニカとドラムが寂しく残る終わり方が余韻たっぷり。

「バランスどう?俺上げ?俺アゲ?俺アゲーー!」

音のバランスをお客さんに聞いているつもりが、YOYOYOな態度に切り替わる。客席からも「YO!」といった返答が。
次は『ぐるぐる回る』。偶然にもこの日笹口がソロで出演したイベントと同じ名前。「あ、僕今日『ぐるぐる回る』ってイベント出たんですけど、こっちのイベントのほうがよっぽどいいですねー!」と演奏中に煽情。といいつつも、ついさっき到着したばかりではある彼でした。「笹口ギター弾きまーす!」と言ってギターソロを始めるのが愛嬌たっぷり。

『東京駅』が始まると一気にテンションが上がる。キクイのドラムが始まりの合図。そこに早瀬(風邪なのかマスク姿)のベースが乗っかり、笹口がギターを置き、 マナが鉄琴を鳴らし、高野がギュワワンとエフェクトかかりまくりのギターを響かせる。
東京駅を自分の家だと言い張る男、四角い部屋で四角い窓から街を見下ろす女の子。人物の描写が細かい歌詞。それらを容易にイメージできる、効果音にも近い高野のギターの音は中盤、都会のビルとビルとの間を走っていく風のような凍てついた音になる。
「誰かを呼んでる 誰かが呼んでる」と繰り返した後のブレイク中、ライブごとに笹口のアドリブが違う。
今回は「今日ずっと僕の頭の中を支配していたのは、この曲です」と言い、なぜかglobeの『Joy to the love』を披露。マーク・パンサーとkeikoを真似した笹口。ちょうど良いタイミングで高野のギターが掻き鳴らされ、笹口の歌声をかき消す。「それではキクイさんのドラムソロ!応援してあげてくださーい!」と笹口が紹介し、「まだまだいけるー!もっともっとー!」と煽られながらドラムソロが始まる。この曲、ほんと見所が多い。

「僕、『ぐるぐる回る』っておっきいイベントに出てそれから来て、今辿りついたんでどういう状況かわかんないですけど…こんな感じでいいんですかね?盛り上がってますかね?(拍手)盛り上がってないね。全然ダメですね。盛り上がる気はあるのかい?」

お客さんは負けじと歓声と拍手で応えるが、笹口が「こんなんでいいんですか?」と更に煽る。高野が「嫌われるよ…?」と言葉を添える。

『僕の家』 『Suicidal Seaside』と続き、スモークがもくもくとたちこめるステージの中で演奏。最後は『正常異常』。ジャッ!と笹口がギターを振り下ろすタイミングで、早瀬のベースが始まる。高野のギター付近で揺れている球体(フラッシュウニというおもちゃらしい)は激しいアクションをするとピカピカと発光する。怪しく輝き、海底生物のように不気味だけどワクワク感が止まらない。単なるおもちゃだけど、音に反応して絵が変わるという光景はひとつの視覚効果としてかっこいい。
正常な意識と異常な幻想に囚われてしまったような歌詞。戦争中のおっさんと失踪したAV女優が頭の中を駆け巡り、意識とともにステージでは音が暴れている。
「高野くんのギターソロだよおっ!」
笹口の案内から、高野のギターソロ。音がキンキンに冷えていて、ドラクエの呪文、FFの魔法のようにその場に超常現象をもたらす。大袈裟な表現かも知れないけど、高野くんがゲーム好きだから無理矢理ゲームの話っぽくしてみた。

うみのて、激アツ。
まだ観始めたばかり・撮り始めたばかりだけど、出来る限り目撃していきたいと思った。笹口騒音ハーモニカの楽曲がバンドになると、こうなるなんて。単なる「ソロをバンドでやってみました」感から確実に超越している。アレンジがたまらない。特に『東京駅』はもっと騒がれるべき。

アップロードしてTwitterにいつも通り貼ると、フォローしてくれているナタリーの社長・タクヤさんが「なにこれかっこいい」と反応してくださった。影響力のある方が反応してくれた喜び以上に、「よかったー!やっぱりこれかっこいいんだ…」と、自分の感覚に安心できた気にもなった。いや、かっこいいの基準は自分で自由に決めていいのだ。だけど、やっぱり大きな会場・舞台でうみのてを観たい。ネット世界・現実世界どちらともリツイートで広まっていってほしいと思っております。


うみのて【東京駅】2011/9/24 新宿NINE SPICES
 

 【僕の家】
 

 【Suicidal Seaside】

【正常異常】

ooreruongaku & グーミ & サイトウケイスケ presents"このアングラポップたちを教えてあげたい誰かに教えてあげて下さい"
出 演 : kooreruongaku /グーミ /GABIYO(サイトウケイスケ) vs ミクロダ(踊り) /なのるなもない(降神/TempleATS) /うみのて /chori(from京都) /DIEGO /小島ケイタニーラブ(ANIMA) /ナカノヨウスケ(ex.PaperBagLunchbox) /food:こばたのサテライトキッチン

0 件のコメント:

コメントを投稿