たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2011年7月17日日曜日

小よみちぇん企画"夏祭歌舞伎町寄席"@新宿Motion

私、たけうちんぐによる霊能者パフォーマンスをやらせていただきました。

場所は新宿Motion。小よみちぇんという落語ユニットさんによるイベントに呼んでいただき、開場前にMotionに着くとすでに客席フロアは緑色の絨毯で敷き詰められており、いつものライブハウスではない様子。しかもサブステージには達筆な習字で書かれた出演者の幕があり、演目ごとにめくっていく仕様。すぐさま自分の幕を見つけてしまいました。

この圧倒的な存在感。画像は嬉しくてこっそり持って帰った後、自宅のトイレのドアに貼ったものです。これだと泥棒が入ってきても盗もうとも手を出せない絵なのではないかと思います。霊能者の物を盗むと、見ない攻撃をされるかも知れないという恐怖心を芽生えさせる習字の威力。書いたのは小よみちぇんのドラム・ちぇんさんによるものらしい。上手い!

メインステージでバンドが演奏し、サブステージで自分を含め、弾き語りや落語、手品から降霊術まで、とにかく幅広い演目が繰り広げられた。トリプルファイアーの方による「地獄の魔術師」が脱力系手品ばかりでフロアが温かい雰囲気になり、自分にとってもやりやすい環境が作れました。

下はネット検索(自分を検索しちゃいました)でどなたかが撮ってくださっていた写真ですが、見事、自分は東京で一体何をやっているんだと自問できる光景となりました。
今回の霊能者パフォーマンスは、いつものブルーレイの話ばかりしてくる矢沢永吉とドラッグを強要してくる金八とドラッグを欲するタラちゃん(from『サザエさん』)に加え、マシンガンをぶっ放してくるガチャピンの霊が降りてくるという内容。
生暖かい雰囲気に包まれ、やっぱり新宿Motionはいいライブハウスだなあとしみじみ。電波繋がるし。


最後は主催者の小よみちぇん。噺家の小よみさんが産休するということで、活動休止前のライブ。
噺家が座布団に座って落語をして、ベースとドラムのリズム隊がリズムを作ってまるでラップのような瞬間もある。時折シンバルや重低音が効果音となり、物語をイメージしやすい。これは新しい。ライブハウスで、バンドとして落語を見れるなんて。

2回に分けての登場となったけど、最後の『皿やしき』が産休にも絡めていて見事だった。後半は普通にバンドしてのかっこよさすら感じられた。
今回、ベースのさゆりさんに頼まれてパフォーマンス後、小よみちぇんのライブを撮影したけど、さゆりさんは見れば見るほど誰かに似ている。誰なんだろうと思っていたら、どうやらさゆりさんは太平洋不知火楽団のベース・大内貴博氏の妹らしい。でもおっかしいなあ。出演依頼、お兄ちゃんからメール来たんだけどなあ。それだけ妹と仲が良いのかな。すごいね大内氏、妹と大の仲良しであり、不気味なほど激似なんだなあ。



小よみちぇん企画『夏祭歌舞伎町寄席』
出演 : ヨシュアカムバック / OTOTOI GROUP / ちくわテイスティング協会 / ロリポップ・ギターレッスン / 小よみちぇん
【サブステージ】
落語 : くりたとやまおか(灰緑) / 降霊術 : 竹内道宏 / 弾き語り : ニシハラシュンペイ (ヤーチャイカ) / 手品 : 地獄の魔術師(トリプルファイヤー)

0 件のコメント:

コメントを投稿