たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2010年10月2日土曜日

シャムキャッツ@新宿Motion

シャムキャッツとthe morningsとのツーマンイベント。この日、シャムキャッツはアコースティックセットとバンドセットの2回出演。前者はフロアでのライブでした。

まずはアコースティック。
メンバーは全員座り、楽器を持っている。お客さんがフロアに体育座りしながら観るスタイルに。「ハロー、ウィー・アー・シャムキャッツ。最初は、僕たちのスイーツな曲だけ集めたセットでやります」となぜか外国人口調で話し始めるボーカル・ギターの夏目知幸。『バターみたい』から始まり、いつもは力強く叩く藤村のドラムも静かに鳴り出す。目を閉じて気持ち良さそうにギターソロを奏でる菅原の表情がいい。
演奏を終えると、「結構いいっすね!」 と手ごたえ充分の夏目。「その座り方疲れないっすか」とお客さんを気遣う場面も。

ピンッピンッとギターを弾き、「そ、」「そ、」「そ、」から『忘れていたのさ』へ。アコースティックだけあって、楽器の音よりもメンバーのコーラスが大きく響き渡る。「快速とまるよ」もよーく聴こえる。なんだか、いつの時代のバンドなのか分からない風貌をしているシャムキャッツだ。菅原のメガネなんて70年代なのかも知れないし、大塚の髪型はまさに昭和だ。だけど夏目の歌詞に綴られるのは確実に現代。時代性があるわけでもないけど、東京で今を生きる若者の日常の中に聴いている人々も次々と投げ込まれるストーリー。そのドラマはきっとラブコメだったりして、楽しいに違いない。
『シムシティ』は同名のゲームがあるが、そのタイトルからは想像もつかない切ないメロディ、哀愁漂わす歌詞だ。街が作られる様子はゲーム感覚のようで楽しい反面、古き良き風景が変わっていく切なさもある。シャムキャッツらしい、一筋縄ではいかないセンチメンタルがそこにある。演奏後は「ちょうど3年前に初めて作った『はないき』ってデモCDに入れた曲です」と夏目の解説が。
「バンビー!」と大塚を呼ぶ声援に、メンバーが笑顔をみせる。『くらげとかもめ』は海に沈んでいくかのように、ずぶずぶとベースが沈むような音を響かせ、ギターの音色がキラキラとして、水面で乱反射する光のようだ。盛り上がっては落ち着き、を繰り返す。

「2セット目(バンドバージョン)はフルパワーでやるんで…フルパワーが似合わないこと!」
夏目が笑いながら喋り、アコースティックセットの最後は『変な帽子』。2枚目のデモCD『もちろんちょうだい』に収録されている曲。もっとチヤホヤされてもいい名曲だ。「一緒に行こうぜ鬼が島」など、歌詞はすべて理解できるようなものでもないのに、いちいちフレーズが耳にこびりつく。異国情緒あふれる菅原のギターソロも印象的。藤村の手拍子から始まり、観客がそのまま手拍子を続けながらの演奏に。
最後、夏目が藤村を見ながら「ワンッ」とカウントを呼びかけるが、「ワン?」と犬が鳴き声に聞こえたかのように尋ねる藤村に笑いが。再びカウントを始め、最後は夏目と菅原が立ってギターを持って激しく弾きじゃくり、「やっぱこうでないとね!」と夏目が元気いっぱいに叫び、ジャーン!と音を合わせて終了。とても充実した約25分間になりました。

続いてはバンドセット。
今度はステージに立ち、いつものシャムキャッツのライブに。今度は大きい音でみせてくれる。先ほどまで座ってばかりいた菅原も待ってましたと言わんばかりのはしゃぎっぷりで、ステージ上で動き回りながらギターを弾いている。『チャイナは桃色』もキレッキレの演奏で気持ちいい。『落ち着かないのさ』もテロテロテロリンと弾く菅原のギターがかわいく、妙な胸騒ぎを与えてくれる。こっちだって落ち着かないのさ、と言わせる。
「新曲やります!」と言って「シンパシーッ」という声から始まる『シンパシー』へ。心地よい気だるさと温かいメロディ。気取ってない感じがいい。『おとといきやがれ(フルーツポンチ)』は「君に優しくすると損する」とあるが、ほんと損をする。けど、シャムキャッツに優しくしても損はなさそうだ。今回のイベントにちなんで、the morningsの『マッドダンサー』のカバーも披露。シャムキャッツらしいアレンジになっていた。まるで持ち曲のように自分たちのものにし、早口で歌う夏目が新鮮だった。「マッドダンサーがくるぜ」と歌い続ける姿に、観客は楽しそうにステージを観ている。

会場が最高潮に盛り上がったときに『アメリカ』。変拍子が急に直線的に聴こえる瞬間がたまらない。
菅原のメガネが吹っ飛んだからか、夏目のギターのメロディに異変が。それに気付いた大塚が心配そうに見る。それでも勢いでカバーしていくのはライブの醍醐味。ロックンロールにルールは無いのさ!といったある意味反則ワザで。それでも「すがわらー!!」からの菅原ギターソロは鳥肌ものに。勢い余ってステージと客席の間の柵に足を乗っけて煽情する菅原、またもメガネが落下しそうになる。
演奏後、笑いながら「思うてたんと違う!」と叫ぶ夏目。グワァアンと謎の異音を発しながら「自分でも分からない!」と嘆く。「あんたらええでー!」と客席から励ましの声が。CDの告知をした後、最後は『魔法の絨毯』で締める。ゆったりとした曲調が逆に緊張感を高め、なんでもない日常をドラマチックに彩る歌詞が美しい。眉間にしわを寄せ、真剣な表情で力強いドラムを叩く藤村を後ろに、前のメンバー3人が思い思いのアクションでステージを盛り上がらせる。「ありがとうございましたー!」と夏目が挨拶し、ステージを去ろうとする。

「アンコール!」と声援がかかり、再び楽器を持ち始めるメンバー。「土曜日ですから飲んでくださいー」と夏目が穏やかに呼びかけ、アットホームな雰囲気でアンコールへ。
「よーしょー」と自分自身に気合い入れるようにTシャツを直し、「よーし落ち着けー」と言い聞かせる姿に笑いが起きる。『渚』のイントロのギターが始まり、キラキラと太陽に照らされた海を思い出させ、過ぎ去った夏を更に過ぎ去らせる疾走感でキメる。そのまま夜の新宿を駆け走りたいくらいの気分にさせてくれる。

テンションが途切れることなく、シャムキャッツのライブは2回とも終了。アコースティックもバンドも別の魅力があり、激しいのもゆるいのもどちらでも任せな!と言わんばかりの堂々とした佇まいで、彼らのふり幅の広さを感じさせるライブになりました。

シャムキャッツ【変な帽子】2010/10/2 新宿Motion

0 件のコメント:

コメントを投稿