たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐと申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2010年8月3日火曜日

五回目の誤解め

幼少の頃、実家近くのスーパー『トーホー』は「朝9時に開店する」と母親に教えられた。
僕はそれを「朝9時に回転する」と本気で思い込んでしまったのだ。

「えっ!ほんまに回転するん!?」
「するで、朝9時に」

僕は母親のクールな姿勢に「大人ってすごいなあ」と思った。たとえ近所の建物が回転しても冷静でいられるとは。大人はかっこいいんやな。
当時仲の良かった友人Yくんにもそれを教えると、彼も「すげー!!見てー!!」と興奮し、日曜日の朝9時、2人でドキドキしながら回転を見に行ったことを覚えている。

「横に回転するんかな!」
「いや、周りの建物もあるし、縦やろ!」

そんな~縦に回るか?横に回るか?~という岩井俊二の映画のタイトルのような会話をしながら、朝9時になるまで心待ちにしていた。
ところが、朝9時になってもトーホーは回転しない。
何食わぬ様子で店は開き、次々とおばちゃんが入っていく。僕は「母が嘘をつくはずがない」と意地になり、回転していないトーホーに入って店員に尋ねた。

「回転しないんですか?」
「えっ?してるけど?」

しらじらしい。大人は嘘つきや。
Yくんもガッカリしてしまった。「でも縦に回るやろ多分…」とまだこだわっているほどだった。僕は途方に暮れて家路についた。そして、母に言い放った。

「回転せえへんかったやん!」
「あれ?トーホー今日お休みやったん?」

まさかのはぐらかし。休みだろうが朝9時に回転するのには関係ない。僕は回転しなかったトーホーでちゃっかり買ったポテトチップスが入ったレジ袋を持っており、それを見て母が笑った。

「あんた、開店と同時にトーホーに入ったんかいな」
「いや、だから回転せえへんかったやん……あっ」

なぜかこのタイミングで、真実に気が付いてしまった。
遠い目をした僕に「どうしたん?」と尋ねる母。僕は「…なんでもない」と言いながらポテトチップスの袋を開けながら、部屋に入った。
そのときのポテトチップスのほろ苦い味は忘れられない。


このように、言葉の誤解は恐い。ついでに、言葉で生まれるトラブルで思い出すのは、間違いなくこれ。
2年前のクリスマス時期、下北沢の喫茶店のトイレの壁に貼られてあった、アルバイトの女の子が書いたであろうお知らせの紙。



「クソスマスケーキ」と書かれてあった。

今まさにトイレでクソ済ますときだったので、非常にタイムリーだった。こんなにかわいらしい文字で「クソスマス」と書かれてあれば、そのケーキがチョコレートであってもかまわない気もしてくる。
「リ」と「ソ」は似ているからこそ、誤解を生む。
もし本当に「クソスマスケーキ」というものを望んでいる変わった嗜好のお客さんが注文した場合、一体どうなってしまうのか。

店員「当店はクリスマスケーキは販売しておりますが、クソスマスケーキは販売しておりません」

変わった嗜好のお客さんは誤解に気付き、ポテトチップスの袋を持って部屋に入ったときの僕同様、ほろ苦い味を体験するに違いない。

クソスマスケーキのな。

0 件のコメント:

コメントを投稿