たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2010年1月22日金曜日

elephant presents『動物園Vol.1~あなた家にこもりすぎじゃないの?~』

この日の対バンは、THE NOVEMBERS、昆虫キッズ、竹内道宏。出演経験のあるFMおだわらの番組『象の小規模なRADIO』などに関わるelephant主催イベント。フライヤーは竹内が描いたものです。

THE NOVEMBERSは『カウントダウンジャパン』に出演したり、恵比寿リキッドルームでワンマンライブをソールドアウトさせたりと大人気のバンド。昆虫 キッズは豊田道倫と共作のアルバムを制作したり、音楽ライター・松本亀吉からの評価も高い。神聖かまってちゃんは説明は要らないだろう。ということで、竹内道宏という者だけがよく分からない。
普段ライブを撮影している神聖かまってちゃんと、まさかの共演。
リハーサルを共演者という形で一緒の時間 を過ごし、自分のリハ時間はほんの30秒で終えるという快挙を成し遂げた。なぜならCD-Rが流れるかどうかを確認するだけだからだ。他のバンドとは"機 材が一切必要ない"という点だけは一線を画せたはずだ。まるで自慢にもならない。
それぞれバンドという属するものがあるだろうが、自分だけ は違う。楽屋でも全くの一人だ。その孤独感は計り知れず、携帯をずっといじっていた。その姿を神聖かまってちゃんのベース・ちばぎんに隠し撮りされていた(画像参照)。何もすることが ないとき、携帯いじりますよね。誰からもメール来てないのに。画像フォルダとか整理していました。

うずくまくっていると、昆虫キッズのボーカル・高橋翔くんが絡んでくる。どうせなら紅一点ベース・のもとなつよさんに絡んできてほしかったが、我慢した。嘘です。高橋くんは好青年だった。
神 聖かまってちゃんは妙な緊張感を漂わせていた。リハーサルでもの子さんの精神状態があまり良くないことが分かるもので、PAさんに「映像が」とか言っていた。映像は一切使わないライブだ。ただ、リハの演奏はめちゃくちゃ気合いが入っていた。まるで本番のようなテンションで叫んで歌い、それには昆虫キッズや THE NOVEMBERSのメンバーも驚いたらしい。
他のバンドがリハーサルや時間潰しなどで楽屋から消え、なぜかの子さんと竹内の2人きりになった。なんで?他のメンバーとスタッフは?の子さん一人置き去りとかかわいそうじゃないか。とはいえ、僕も一人きりだった。かわいそうだ。

の子「竹内さんって今日何やるんですか?」
竹内「あ…僕がね、霊能者ってことで、色んな霊としゃべるんですよ」
の子「え?」
竹内「え?」

そうか、そりゃそうだ。「え?」だろう。2007年からこの活動をやっているため、自分では当たり前になっていた。ビデオカメラで撮影した奴がいきなり霊能者って、意味が分からないだろう。

の子「そんなことやる人、聞いたことないっすよ。てか、竹内さん1人で出るんすか?」
竹内「はい…」
の子「パンクっすわ。一番パンクじゃないっすか。俺には1人出るとかできないっすよ」

そうなのか。パンクというか、孤独なんじゃないか(画像はちばぎんに撮られた写真)。しかし、ここでの子さんが「一人で出ることができない」と言っていたのが印象的だった。音源は一人で作り込んでも、人前ではバンドとして出たい気持ちがあるのだろうか。
の 子さんから「竹内さんは配信やったほうがいいですよ」「オナ禁はマジでいいっすよ。髪の毛サラサラ。お肌ツヤツヤ。曲の発想は浮かぶ浮かぶ。竹内さんも やってみてくださいよ」と促される。この二つをまとめると「オナ禁配信やるべき」ということだ。違うか。とにかく、の子さんのオナ禁スカイウォーカーぶり を語られた。僕の場合はフォースの力が発揮できる気はしないし、ライトセーバーは伸びたままになりそうです。
そんなこんなでフォースの力は得られない僕は、の子さんの「2ちゃんねるで煽られてダンプカーで突っ込んだヤクザの組長」の話に笑いつつ、時間はイベント開始直前。ぞろぞろと出演者が楽屋に戻ってくる。そして出演者どうしの顔合わせをし、イベントが始まる。

お 客さんの入りを確認しようと、楽屋通路からステージ前を覗く。THE NOVEMBERSファンと見られる若い女の子たちが柵の前に被りついている。JKがいる。この子らの目の前でやるのか。鉄の壁としか思えない。僕は JK(若干、緊張)どころではない。気が気でなかった。
250人のお客さんが入ったという。250人対1人。この構図。正直、神聖かまってちゃんの撮影のことはほぼ忘却の彼方にあった。自分のことで精一杯。かまってちゃん・セイ・グッバイ。嘘です。

1バンド目は昆虫キッズ。
『27 歳』がかっこよかった。最後の『ピートタウンゼント』はドラム・佐久間くんのドラムがバッシバシ鳴り、ギター冷牟田さんが何もしなくてもかっこいい、高橋 くんが叫びまくり、飛び跳ねるのもとさんのボブヘアーが揺れていた。お客さんの顔を見ると、最初はガッチガチの表情で観ていた人たちも昆虫キッズのライブ を観て、表情が柔らかくなっていく様に安心した。高橋くんによる「おしっこノベンバ」などといったMCが笑いを誘い、パフォーマンスがやりやすくなった。

竹内は"幕間"というバンドとバンドの間に登場。出演時間は10分間。
出演前に楽屋で準備をしていたら、劒マネージャーに「いやぁ、みっちー、今日はスベるね~」と脅され、の子さんに「竹内さんの後はやりやすいっすわ~」と妙にプレッシャーをかけられる。
唯 一"誰やねん"的役割があるのだから、せっかくならここでドカーン!という気持ちもあった。
ステージに立つと、ものすごい人の数。300人はいるんじゃないか。
視線が恐いが、気が付くとかなりの笑い声。安心した。
出番が終わると、拍手が 巻き起こる。緊張を通り越してよく分からない気持ちのままライブをやったけど、劔さんの予想に反して笑い声もたくさん聞こえ、あとでmixiでエゴサーチ をしてもTHE NOVEMBERSのファンの人からの反応がよかったのが一番嬉しかった。"色んな人に薦めたい"だなんて、自信になっちゃうぞ!
ステージ脇で観ていたちばぎんとみさこさんからお褒めの言葉を。二人の笑い声にも助けられた。
ライブ後、楽屋に戻るとの子さんから「どうでした?」と。
ほらほら、僕のライブ余裕で観ていないですよ。

その後は神聖かまってちゃん、THE NOVEMBERSとそれぞれ全く違うが、 印象のあるライブでした。大盛況のイベントに出られてよかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿