たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2009年5月18日月曜日

前野健太@高円寺無力無善寺

初めて行った無力無善寺は何度も通り過ぎてしまうくらい、さりげない場所にある。だけどさりげなくはない外観をしており、入りづらい。
ここで前野健太というシンガーソングライターのワンマンライブが行なわれる。
前に阿佐ヶ谷LOFTでお会いしたときに「ライブ、撮影していいですか?」と尋ね、承諾を得たので、無善寺の後方から座ったまま撮影させていただいた。隣には映画監督の松江哲明さんがいて、あとで撮影したテープを見ると松江さんの笑い声がたくさん入っていた。

海に釣りに来たといってもおかしくはないキャップ、グラサン姿の前野健太。だけど、エレキギターと歌で紡ぎ出す曲は、釣りどころではない。
自ら用意したとされるトラックを流しながらセッティング。譜面台にライトを取り付け、照明の演出を自ら取り入れていた。エレキギターをジャンジャン鳴らし、

1曲目は『天気予報』。「一生懸命働いても年金もらえず死んでった父」という一節が印象的。この人のグラサンはかっこつけているというよりも、シャイでしかない。そんな気がした。

次は知らない曲。新曲だろうか。あとでサイトで確認すると『しずかな夜に』という曲らしい。静かな夜に男女がまぐわっている様子だけど、エロさもなく、卑猥でもない。暗い部屋に小さな灯り一つ点けて、その光の中で一緒の時間を共有しているような。それを「おかしいね、僕ら人間」と笑って、それでも「桜は咲いて散って また咲いて散って咲いて でも僕らは散ったら骨になるだけ 白い骨に君も僕も」というどうしようもない事実が歌われている。

「えーと、初めましての人は初めまして。2回目以上の人は、どうもお久しぶりです。新曲ですね」

小さな声で挨拶する前野健太。これも知らない曲だけど、歌いだしがいきなり「インポになっちゃったのかな」である。さきほどまでの静かで切ないムードが台無し!とも思ったが、その先にあるのは切なさの地続き。
タイトルは何だろうか。子どもの日、街の風景をただ見ている男の視点。インポになったのは心であり、かつてビンビンに感じていたあの感動はどこへやら。そんな感傷が歌われていた。
そして『マン・ション』 を歌った後、MC。

「今日の昼間、ボブ・ディランのDVD観て。昨日スタジオに4時間入ったけど、DVD観てたら、ボブ・ディランの真似をしようと思ってライブ全部変えようと思って。やっぱりできないんですよね…だから今日は前野健太を楽しんでいただけたら…当たり前ですよね。ディランはかっこいいんですよ、やっぱ。女の子がキャーって言って近寄ってきても、顔色ひとつ変えないんですよ。ああ、無理だなと思いましたね」

その後は「6月の歌です」とCDには収録されていない曲を披露し、『鴨川』のギターを鳴らしたと思ったらいきなり照明を消す。全く何も見えない真っ暗闇の中、音楽だけ聴き入ることができる環境に。どんどん目が慣れてきて、前野健太の姿が薄っすら見えていく。カメラには何も映らない。人間の目は本当に機能がいい。改めて思った。
『Sad Song』の後、「前半戦」が終了とのことで前野健太がリクエストを促す。誰も声をかけないという沈黙に、静かな笑いが。
「ラブ・レボリューション!」
そんな沈黙を打ち破ったのは隣にいた松江さん。突然の持ち曲じゃないリクエストに「それは…どういうことでしょうか」と前野健太がつっこむ。「今はあんまりそういう気分じゃないんですよ…ごめんなさい」とボソッと断る。女性客が「青い部屋!」と言うが、「今はそんなに青くない…ごめんなさい」と断る。「ロマンチック!」という声にも、「あんまり…まあロマンチックですけど、そんなこと言ってられないんですよ」とすべてを断るが、鳴らしたギター、口から発された歌声は大江千里の『ラブ・レボリューション』のカバー。
演奏を終え、『ラブ・レボリューション』の譜面について「たまたま入ってました」と笑いを誘う。
そして『女と』という未発表の曲を。「女との友情はわからない」というシニカルな言葉を続ける曲で前半は終了。

後半の始まりは、ドラムの音を流しながら「ポン」「クッ」といった音に合わせてステージに置いてある馬っぽい生き物のぬいぐるみで遊ぶという、音楽があまり関係ないパフォーマンスから。
そしてリズムトラックを流しながら井上陽水の『氷の世界』のカバーを。これがかっこいい。グラサン・天然パーマという記号が完全にマッチしているが、それ以上に前野健太の歌声で歌われることに感動。
照明の方向を変え、ますますグラサンが光る角度で『石』『いつかの小鳥』を。告知の後は『街のあかり』という曲。「汚れた人間のキレイな灯り」などと、街と人間の対比が描かれていた。演奏後、「まあ、大した歌じゃなかったですね」とボソッと呟くが、松江さんが「そんなことない!」と声をかける。
曲名についての話から、同名の映画を撮ったアキ・カウリスマキ監督の名前を挙げて、最近観たというクリント・イーストウッド監督の『グラン・トリノ』の話へ。「あの人、変ですね…イーストウッドさん。名前も変じゃないですか」と。
『3月のブルース』が終わると、『豆腐』のイントロのギターだけを鳴らして終わる。

「そろそろいい時間になってきましたね。これ、毎月やりましょう。なんか番組みたいでいいですね。もうインターネットやめようかなって思ってるんですよ。誰かやめませんか一緒に。あれはだって…なんてことないじゃないですかね。たまに思うんですけどね。結構時間とられちゃった。ライブ情報とか更新できなくなるんですけど、どうすればいいんですかね。チラシ…チラシをなんか所定の場所に置いておきましょうかねえ…考えさせてください」

ボソボソとインターネットについて語り出し、「インターネットをやってない方、拍手してください」と尋ねるが、拍手なし。「携帯電話を持ってないという方は?」にも、拍手なし。「インターネットやめたいと最近思った方、拍手してください」と聞けば、ちらほらと拍手が。隣の松江さんも。「やっぱりねー。たまに思いますよね。グーグルとかね、潰れちゃえばいいのにとか…グーグルに支配されてるみたいなね。なんかグーグルマップとか怖いですよ。そのう家の中まで入ってくるかもしれませんよ?いやー怖い」と笑いを誘う。

「グーグルに対抗するためには、グーグルが追ってこない…歌の中に…ちょっと」と特に適切な言葉が思いつかず、軽く謝るようなお辞儀をする前野健太。

その後は『友達じゃがまんできない』 。終盤の「私の!楽しい思い出!全部燃やすから!あなたの恋人になりたいよー!」の後、燃え滾るようなギターの音色が凄まじく心に響く。染み入る。そのままのギターの音で『ロマンスカー』。小田急線が燃えているような光景を想像するくらい、ギュウイイインと鳴るギターがたまらなくかっこいい。
そのまま『だれかの』へ。2ndアルバム『さみしいだけ』で最も何度も聴いている曲。最初の「誰かの営み 僕は知らない 毎日の重さ 僕は知らない」から痺れる。まるで一つの物語を読んでいるかのようにビデオカメラで撮影していた。液晶画面をずっと見つめているので、ライブ中、ずっと俯いている。それは本を読んでいるかのような姿勢であり、前野健太のライブを読書するような感覚で体感していた。
最後はギターをアンプから鳴らさず、生音で余韻を残す。映画でいうと、エンドロールの後、しばらく真っ暗闇が続くような。そんな余韻を意図して作るなんて、粋な演出です。

「最後の曲です。歌いながら踊って終わるか、寂しく歌って終わるか。『楽しく、ダンシングして終わる。お前のしんみりした暗い歌なんて聴きたくない』っていう方、拍手を。『いやいや、お前のしんみりした暗い歌を聴きたい』っていう方、拍手を。…わかりました。最後は楽しい曲を」

そう言って始めたのがtrfの『BOY MEETS GIRL』のカバーという意表をついた選曲。会場は笑いに包まれるが、前野健太の顔は真剣だ。90年代を思い出させる名曲ではあるが、彼が歌うとまた違う味が出てくる。
リクエストを促すと、「LOVE」という女性客の声。LOVEと呼ばれたいのか、何度も言うようにお願いする。
「ディランのそのDVD観てたら、『愛なんてただの四文字言葉だろ』みたいなのがあるんですよ。僕も『愛なんてただの言葉だろ』ってのがあって。…まあどっちが先かといったらディランなんでしょうけど。やっぱり時代がリバイバルというか」
そんなことを言ってると、またまた松江さんが前野健太の持ち曲ではないものをリクエスト。「さっきからあなたなんですか。『ラブ・レボリューション』といい、僕のレパートリーにないものを…グーグルですか?」と言いながら、『LOVE』を弾き始める。ところが途中でやめて「やっぱ違うな…」と言うが、小さな「えっ」という声がグサッときたらしく、演奏を再開する。
「今日そういえばこれ持ってきたんですよね…失敗した」
ハーモニカを持ってきていたのを忘れており、演奏が終わった『LOVE』のイントロを再び始め、ハーモニカを吹く。すぐに演奏をやめ、とりあえずハーモニカを持ってきた意味をそこだけで発揮していた。
最後は『とんこつラーメンくさい街』で終了。ギターをギュワーーンと響かせ、この日一番の大きな音が鳴ったような気がした。

ギター一本で、歌声で、目立った演出もないままに世界を作っていた。時折繰り出すシャウトと、熱のこもったギターの音がたまらない。単なる弾き語りではない、単なる天然パーマではない、ロックなライブだった。


前野健太【ロマンスカー】2009/5/18 高円寺無力無善寺

0 件のコメント:

コメントを投稿