たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2007年10月26日金曜日

ちゃんくん様

関西に住んでいた頃、電車で座席に座ろうとしたら、
見知らぬおばちゃんのお尻と僕のお尻が接触しました。
突然のモッシュピットに震え上がりましたが、
おばちゃんに紳士的に席を譲ると、
「飴ちゃんあげる」
なぜか飴ちゃんをいただきました。

まさかのアイテムに尻を譲って胸踊りましたが、
気になった点があります。
飴「ちゃん」です。
ちゃん付けなのです。

どうして飴だけ、「飴ちゃん」と呼ばれることがあるのでしょう。
関西だけでしょうか。

ガムは「ガムちゃん」と呼ばれないし、
チョコも「チョコくん」なんて呼ばれません。
みんな、飴だけ特別扱いしているのです。
それも「飴ちゃん」という、まるで妹的なポジションです。
サザエさんでいうとワカメみたいなノリです。
「飴さん」「飴くん」「飴様」「飴先輩」と呼ばれはしません。

「神様」だって、どうして「様」付けなのでしょうか。
やはり、さすがに飴と同じポジションではないので、
「神ちゃん」なんて呼ばれはしないのでしょうか。

そうなるとやはり、「さかなクン」も気になります。
「さかなサン」ではないのです。
思えば、魚介類に詳しいというだけで「さかなクン」という命名も、
分かりやすさこの上ないことに改めて感動します。
こうなると他の分野の識者も分かりやすくするべきです。

やくみつるは「すもうクン」です。
ピーター・バラカンは「おんがクン」です。

さかなクンばりのテンションで、
やくみつるには相撲を語ってほしいです。
あと、デーモン小暮も「すもうクン」で大丈夫だと思います。
よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿