たけうちんぐ最新情報


⬛︎ たけうちんぐ/竹内道宏と申します。ライターと映像作家をやっております。 プロフィールはこちらをご覧ください。
⬛︎ 文章・撮影などのご依頼・ご相談はこちらのメールアドレスまでお気軽にお問合せください。takeuching0912@gmail.com
⬛︎ YouTubeチャンネルはこちら→たけうちんぐチャンネル/Twitterアカウントはこちら→

2003年1月31日金曜日

クラムボン@ON AIR OSAKA

ON AIR OSAKAでクラムボンのライブを。
会場の近くの公園にはホームレス地帯があり、あまり自分のイメージしているクラムボンの世界観ではなかった。そして公衆便所には女性の下着が無造作に散らばっており、ますますクラムボンからかけ離れていた。これは大阪が原因なのだろうか。恐ろしい想像さえ頭に浮かんだ。ちなみに紫と白のパンティだった。僕の趣味ではなかった。

広々としたライブハウスが開場。整理番号400番だからといってクラムボンが見えないような位置ではなく、ゆったりとしたスペースで堪能。
開演すると、『小淵沢』が流れる。そして前髪が印象的な原田郁子がステージに登場。目に一切かかろうとしない前髪はクラムボンの一つの個性だ。少しでも目にかかればクラムボンではなくなるだろう。そのくらいだ。この日、キーボードに皆川真人がサポートメンバーとして迎え入れられていた。椎名林檎のライブではお馴染み。こちらは前髪がなく、ピカピカしていた(失礼)。続いてミト、伊藤大助がステージに現れる。

序盤から『adolescence』でバッチリとハートを鷲掴みにされ、『eel restaurant』では原田郁子が色んな楽器を"ポンポン"とか"キャンキャン"とかチクチク"などと鳴らして、遊んでいた。そう、まさに遊んでいた。遊ぶという表現がふさわしい。その遊びを羨ましそうに見つめるのが我々観客だ。仲間に入れてよ!という気持ちがライブハウスに充満しており、終始フレンドリーな雰囲気だった。MCでは皆川真人のムード音楽(ドビュッシー)をバックに原田郁子が静かに語るなどと、なんかかわいい。昨年のツアーでの「とりつかれたクラムボン」談をしていた。どうやら、ツアーで使っていた車がいきなり動かなくなったようだ。あと、MCではミトが浪曲のようなものを歌い、その上手さに拍手が巻き起こっていた。
それでも『君は僕のもの』の後半の一部分ではガガガガ!とギターが轟音で鳴り、クラムボンが単なる和やかなバンドではないことを意思表示しているかのような。クラムボボボボーーーン!くらいになっていた。
『charm point』の歌詞には涙腺を刺激される。いじめられっ子はみんな聴くべきだ。コンプレックスは多ければ多いほど武器になる場所がある。ミトの弾くベースのスピード感。季節を、そして時代をも駆け走るような速さだ。
『海の風景』ではミトがギターを弾き、1月の寒い季節の中でも海に憧れを抱いてしまう。

アンコール、最初はクラムボンの3人で演奏し、後でサポートメンバーの2人が演奏に入ってくる。『道』で楽しくライブが終わる。最後の虹色の照明が眩しく、美しかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿